【2021年成果報告/2022年のビジョン】
本年のプロダクト・ブログ制作活動の目的と成果報告、来年に向けたビジョンを整理しました

記事イメージ

お疲れ様です。堺です。

2021年もあと半月を切りましたね。本年も大変お疲れ様でした。

私としては今年は創業2期目となり、様々な挑戦もしてきましたので、一旦現状報告も含め振り返りをしたいと思います。

また、本ブログも開設後2ヶ月が経過したところです。そちらの成果も含めて記載していきます。

2021年は土台作りに取り組んだ年

2021年は収益性をほとんど度外視し、アウトプットに注力してきた年でした。

私の過去キャリアの中心はクライアントビジネスですので、やはり集客は大事なのですが、とはいえ1人企業では営業活動にも限界があります。

そこで今年は、効率的なプレゼンテーションができるようなウェブ上のコンテンツの充実、もっと言えば将来のプル型営業が可能となる基礎作りを進めてきたと言えます。

その一環がこのブログであり、スマホアプリであり、またスマートエスイーでの機会を活用した講演活動でした。

昨年末に2021年は「構築」の年と言った通りとなりましたが、とても1年で片付くような取り組みではありませんでした。何事もやってみなければわからないもので、それはそれで収穫でしたね。
昨年末に2021年は「構築」の年と言った通りとなりましたが、とても1年で片付くような取り組みではありませんでした
おかげさまで、自分の名前でサーチしてみると徐々に色々出てくるようになってきました。
おかげさまで、自分の名前でサーチしてみると徐々に色々出てくるようになってきました

2021年、様々なアウトプットを実施

振り返ると様々な取り組みを行ってきた1年でした。

折角なので一つずつ振り返ってみたいと思います。

会社設立、Webサイト開設(7月下旬)

それ以前から個人事業主だったので法律上の形態が変わっただけですが、Webサイトを堂々と掲示しやすくなったのは良かったかなと思います。

初のスマホアプリ公開→計4本リリース。収益はほぼゼロ(雀の涙程度)だが、成果の明示とノウハウ習得で大きな成果。

7月にquick-txtをリリースして以来、4本のアプリを公開しました。

いずれも無料アプリなので収益はほぼゼロですが、一般公開による成果の明示、アプリ公開ノウハウなどを手に入れたのは大きい成果だったといえます。

一応Admobで3本のアプリを収益化しています。ロクにプロモもしていないので、収益額は本当に雀の涙程度です。
一応Admobで3本のアプリを収益化しています

おかげさまで「おしぼりAIプロジェクト」が進捗。11月に1stリリース公開を果たしました。

上記にもありますが、2020年から継続して取り組んできた「おしぼりAIプロジェクト」が、どうにか一旦先行プロダクトリリースまで漕ぎつけました。

ご協力・関係各位様には本当に感謝しております。

まだまだ課題山積ではありますが、一旦リリースを流せたのは、色々な意味で効果が大きかったと感じています。

【社内PR】チーム・ウォーク

2021年10月中旬にブログ公開。2ヶ月経過程度では、成果はまだまだ。

ブログ界隈では自明の真理となっているようですが、ブログ構築は短くとも半年は継続しなければ成果は出にくいそうで、3ヶ月未満ではSEOもほぼ浸透しないそうです。

当ブログでは本記事で33本目の記事となりますが、アクセス数は全体でせいぜい1日5件前後であり、検索エンジンへの露出がまだまだ弱い状況です。

とはいえ、何もしなければ誰にも発見されなかった自社コンテンツが、1日5人の人に新たに知ってもらえていると考えれば、現段階では非常に貴重な公開チャネルといえます。

今後も3~4日に記事1本程度のペースで記事作成を継続しつつ、SEOに関しても研究を続けていきたいと思います。

検索流入は多くて1日7~8件程度ですが、じわじわと育ってはいます。
検索流入は多くて1日7~8件程度ですが、じわじわと育ってはいます
一番強い検索ワードは、FlutterのHealthパッケージに関する記事。1番最初に書いた記事でしたが、33記事中最も多く読まれています。全体的に見ても、プログラミング関連の記事がよく見られています。
一番強い検索ワードは、FlutterのHealthパッケージに関する記事

2022年も方針継続。アウトプットはより体系付けて行っていきます。

今年は実験的試みも多く、バラバラといろいろなものを公開してきましたが、来年は収益化に向けてより体系的にプロダクトを作っていきたいと思います。

盛沢山すぎて1年では処理しきれないかもしれないですが、引き続き高負荷体勢で頑張っていきたいと思います。

新たなAI開発プロジェクトの立ち上げ1~2件

いくつか目星はあるんですが、きちんと立ち上がるかどうかはまだ不明確です。

おしぼりAIに続く二の矢・三の矢となる代表的な仕事にできるよう、頑張って取り組みたいと思います。

おしぼりAIプロジェクト本格リリース(SaaS化?)

こちらもまだどういう形になるかはわかりませんが、AIの利用環境向上に注力していきたいと思います。

具体的には、スマホアプリ側のユーザビリティ向上、ウェブアプリを立ち上げ分析機能を強化、など。

ブログ制作強化。専門分野を深掘りし、ページビュー向上を目指す。

来年は当ブログサイトを本格的にビルドアップしていく期間になると思います。

とはいえ継続が力の分野といわれており、1年経ってもあまり変わっていないかもしれませんが、あまり気にせず続けていきたいと思います。

オリジナルプロダクト1本

構想はずっと持っているんですが、中々着手できず・・・。実は当社の社名(堺財経電算)もこの構想内容を見据えて付けているんです。来年こそは挑戦してみたいと思います。

現在の構想では、スマホアプリとウェブアプリを組み合わせたプロダクトになるはずです。

経営コンサルティング領域のお仕事も、引き合いがあれば是非。

IT関連の取り組みが増えていますが、ビジネスとしての本来の得意分野は実はこちらです。

機会があれば是非お仕事していきたいともいますので、お気軽にお声がけください。

ご関係各位様、今年もどうもありがとうございました。

今年もご関係の皆様には本当にお世話になりました。やはり人あってのビジネスだと、改めて実感させられるこの頃です。

私自身も、引き続きご関係を大事にし、誠実第一で仕事をしていきたいと思います。

どうぞ今年の残り半月、また来年もよろしくお願い申し上げます。

記事筆者へのお問い合わせ、仕事のご依頼

当社では、IT活用をはじめ、業務効率化やM&A、管理会計など幅広い分野でコンサルティング事業・IT開発事業を行っております。

この記事をご覧になり、もし相談してみたい点などがあれば、ぜひ問い合わせフォームまでご連絡ください。

皆様のご投稿をお待ちしております。

記事筆者へ問い合わせする

※ご相談は無料でお受けいたします。

この記事へのコメント

ニックネーム(任意)

返信通知先Emailアドレス(任意)

本文


* 感想やご意見等、お気軽にコメントください。但し、公序良俗に反するコメントはお控えください。
* 管理者が承認したコメントはこの箇所に公開させていただく可能性がございます。
* 返信通知先Emailアドレスは、筆者のみに通知され、公開されることはありません。返信通知先Emailを入力された場合は、コメントへの返信をこちらに掲載した際に通知させていただきます。その他の目的には使用いたしません。
* スパム対策のため、コメントは日本語のみ受け付けております。

IT活用経営を実現する - 堺財経電算合同会社